イビサクリームは妊娠中や授乳中に使っても大丈夫?

妊娠中や授乳中は様々な肌トラブルに見舞われてしまいますよね。その中でも黒ずみは大きな悩みのひとつ。主に乳首や乳輪、デリケートゾーンが妊娠前よりも黒ずんでしまいやすいです。妊娠中は肌が敏感になり、刺激に弱い状態なので、どんどんと乳首や脇が黒ずんでいき、シミやそばかすが増えてしまいます。

このような妊娠中や授乳期間の黒ずみは一時的なものなので、落ち着いてくると今まで通りの肌に戻りますが、高齢出産の方の場合特にその黒ずみが取れずにそのままになってしまうケースがあります。

そこで黒ずみケアクリームの

イビサクリームを使えば、妊娠中や授乳中の黒ずみを取ることができるのでしょうか?

妊娠・授乳期間の黒ずみの原因

妊娠・授乳期間中の黒ずみの原因は妊娠によるホルモンバランスの変化が原因です。

子供をお腹に授かると、女性ホルモンが活発化し、妊娠を継続させようと身体に働きかけます。特に20週目くらいになると女性ホルモンの分泌が急激に増えます。それと同時に、メラニン色素の分泌を活性化させてしまい、その結果身体全体に黒ずみができやすい状態になります。特に元々メラニン色素の多い、乳首やデリケートゾーン、脇などは今まで以上に黒ずみやすくなります。

ただし、この黒ずみは一概に悪いとは言えません。そもそもどうして黒ずみが出来るのかと言うと肌を守るためです。黒ずんだ肌は白い肌と比べると外からのダメージに強い構造になっています。お腹の中に赤ちゃんを授かっている状態は身体的に非常に弱く、それを守るために女性ホルモンがメラニン色素を分泌しているのです。

授乳期間が終了しても消えない黒ずみの原因

妊娠期間中の一次的な黒ずみなら時間の経過と共に元通りの色に戻ります。ですが、中にはそのまま黒ずんだ状態、もしくは元通りの肌の色に戻らない人もいるようです。

取れない黒ずみの原因は、肌のターンオーバーの乱れです。肌は通常28日間サイクルで古い肌から新しい肌へと生まれ変わります。ですが、ターンオーバーが乱れて周期が伸びてしまうと、古い肌が剥がれず、積み重なっていきます。そうすると新しい肌が出てこずに、古い角質の幕が出来て、黒ずんだ状態になってしまうのです。

特に高齢出産や生活リズムが乱れている方に起きやすい傾向があります。

イビサクリームは効果的?

結論からいうとイビサクリームは妊娠中や授乳中には効果があります。しかし、何点か注意点があるので、気をつけるようにしましょう。

妊娠中にデリケートゾーンのケアは控える

デリケートゾーンの小陰唇(ビラビラ)部分には粘膜があります。粘膜部分は肌が非常に弱く、イビサクリームのような肌に優しい成分のみ配合されているクリームにも刺激を受けてしまう可能性があります。特に妊娠期間中は肌がいつも以上に刺激に弱い状態です。子宮から赤ちゃんは生まれてきますので、もし子宮口が傷ついたりしてしまうと出産時に大変なことになるかもしれません。もしケアしたい場合は、VIOのIラインは避けてクリームを塗るようにしましょう。もし、イビサクリームを塗って痒みや痛みなどが生じた場合は、即刻使用を中止するようにしましょう。

授乳期間中に乳首のケアは控える

赤ちゃんにおっぱいから授乳しているのでしたら、赤ちゃんの口の中にイビサクリームが入ってしまいますので、授乳期間中の乳首のケアは避けるようにしましょう。その他の部分は特に問題はありませんが、自身の肌の状態と相談して少量ずつ塗っていくのがコツです。

授乳期間終了後のケア方法

授乳期間が終了し、落ち着いたらもうイビサクリームを存分に塗っても問題はありません。特に授乳が終わっても黒ずみが残ってしまっている人の場合、肌のターンオーバーが正常化していないという証拠です。そのため、気持ちクリームを多めに付けて、朝晩1日2回のケアを怠らないように継続していきましょう。

まとめ

妊娠中や授乳中は女性ホルモンの影響で、デリケートゾーンや乳首、脇など身体全体が黒ずみやすくなっています。基本的には一次的なものなので、気にする必要はあまりないのですが、そのまま残ってしまうのは嫌ですよね。そのため、適宜自身の肌のコンディションと相談しながら塗っていくようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ