イビサクリームはVIOに使える?粘膜のあるiラインは危険

脱毛後に気づくのは、VIOの黒ずみですよね。この辺りって下着で擦れやすいですし、足で挟まれている状態のなので、摩擦が起きてすれやすいんですよね。

自分ではなかなか気づきにくいこの黒ずみですが、パートナーの指摘などで気づくことがほとんどで自分で気づくことはないと思います。

自分でアソコを鏡で見るのは難しいですし、相手にとってVIOの黒ずみはあまりよい印象がないんですよね。

どうにかしてこの黒ずみをイビサクリームで取ることはできないのでしょうか?

VIOの黒ずみの原因は?

下着との摩擦

VIOラインの黒ずみの原因は主に下着との擦れによる摩擦です。

肌は紫外線や摩擦など刺激を受けるとメラニン色素を分泌し、皮膚を守る性質があります。

VIOは紫外線を浴びない箇所なのですが、下着や太もも同士の擦れが起きやすい箇所のため、常に摩擦と隣り合わせの場所です。特に女性はスカートを履くので、男性と違って内股で歩く機会が多いです。

VIOだけでなく、脇の下や肘も摩擦を受けやすく、身体の擦れる箇所はこのように黒ずみやすい傾向があります。

毛の処理

また、最近では陰毛の処理が女性の中では当たり前になっていますよね。特に自分でカミソリを使った自己処理は肌を削り、ダメージを与えてしまいます。サロンやクリニックでの光脱毛やレーザー脱毛も照射時に刺激を与えてしまいます。

このような毛の処理によるダメージでもメラニン色素は生成されて、黒ずみを生む原因となります。

VIOラインには使える?

結論から言うと、

イビサクリームはVIOラインの黒ずみに効果があります。

イビサクリームには生成されたメラニン色素を分解するトラネキサム酸が配合されています。そのため、すでにある黒ずみのメラニン色素を分解して、排出性質があります。

また、加齢による肌のターンオーバーの乱れも古くなった角質を溜め込んでしまい、黒ずみの原因にもなります。イビサクリームには保湿成分と肌の調子を整える有効成分がふんだんに使われており、ターンオーバーを正常化し、綺麗な美白肌によみがえらせる効果があります。

実際に私もイビサクリームをデリケートゾーンに使ってみたのですが、効果がありました。特に大陰唇 足の付け根には効果ありです!

しかし、iラインの小陰唇(ビラビラ)やoラインの肛門には粘膜があるので、そこには使うことができません。

iラインやoラインの粘膜はNG

特にビラビラ部分はそれぞれが擦れ合ってしまい、刺激によりメラニン色素が生成されやすい部分です。ビラビラが小さい人は摩擦の影響を受けにくいので、綺麗なピンク色の人が多いのですが、大きい人ほど黒ずんでいるのは、それが理由です。また、oラインの肛門付近も同じで、摩擦によって黒ずみやすいです。

しかし、iラインのビラビラやoラインの肛門は黒ずみやすい箇所なのですが、

粘膜部分なので、イビサクリームを使うことはできません。

粘膜部分には、皮膚を守るための常在菌が存在しており、そこに美白成分の入ったクリームを塗ってしまうと菌を殺してしまいます。

また、粘膜部分は普通の皮膚と比べると成分を吸収しやすいです。例えば、下剤や鼻から吸う薬はその吸収効率の良さからそのような使用方法をしています。それくらいiラインやoラインの粘膜部分は、イビサクリームの成分を吸収し、蓄積されやすいです。粘膜にとって不要な成分が蓄積されると子宮に悪影響を与える可能性があります。

イビサクリームは肌に無添加の優しい成分しか使われていませんが、このように粘膜に使うのは、良くありません。

イビサクリームを使えない粘膜

  • 目の近く
  • 唇や口の中
  • 小陰唇(ビラビラ)
  • 肛門

粘膜の黒ずみを解消するにはどうしたらいいの?

イビサクリームは残念ながら粘膜の黒ずみには使うことができませんが、粘膜の黒ずみケア商品はいくつか販売されているので、ご紹介します。

  1. クリアネオパール

    クリアネオパールは低刺激かつ保湿性に優れたハンドソープです。刺激に弱い粘膜部分に刺激を与えることなく雑菌の繁殖を防ぎます。また、美白・美肌効果に優れた有効成分をふんだんに配合し、黒ずみを落として透明感のあるデリケートゾーンへと導きます。市販のボディソープは刺激が強いため、本来ではいなければいけない体の中の常在菌も一緒に殺菌してしまいますが、クリアネオパールは常在菌を殺すことなく、臭いの原因菌のみを殺菌します。

  1. イビサソープ&デオドラント

    イビサソープ&デオドラントはデリケートゾーンのニオイ対策に特化したボディソープです。植物由来の抗菌・消臭成分をたっぷりと配合し、肌を傷つけることなく、臭いの原因となる菌を殺菌します。また、肌荒れやニキビを防ぐお肌に優しい泡タイプなので、黒ずみの原因となる肌の感想を防ぎます。デリケートゾーンの臭いを抑えます。また、黒ずみの原因となるメラニン色素を優しい成分で抑えるため、小陰唇の粘膜部分にも有効的です。

  2. ジャムウ・ハーバルソープ

    ジャムウ・ハーバルソープはジャムウというインドネシアの天然植物を使った調合技術で臭いを抑えて黒ずみを解消します。ジャムウは天然成分なので、肌に優しく、黒ずみの原因となる肌への刺激をできるだけ抑え、メラニン色素の生成を防ぐ効果があります。また、肌の角質や汚れをしっかり取り除くことができるのもジャムウ石鹸の効果のひとつでもあります。

このような肌に粘膜のケアにも使えるような低刺激の黒ずみケアボディソープを使うことで、粘膜部分の黒ずみを落とすことが出来ます。

まとめ

このようにイビサクリームは確かにVIOの黒ずみケアには効果的ですが、小陰唇や肛門など粘膜部分の黒ずみケアには使うことが出来ません。

粘膜部分は刺激に弱い肌のため、かなり優しい成分を使っているボディソープを使わなければ、常在菌を殺してしまい、臭いやさらなる黒ずみの原因にもなります。

イビサクリームと粘膜にも有効なボディソープを使うことでVIOの黒ずみをしっかりとケアすることが出来ます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ